MENU

ノコギリヤシと前立腺の関係

サプリメントで摂取できるノコギリヤシは、中高年の男性に頻尿の症状を生じさせる前立腺肥大症を予防・改善する効果があるといわれています。

 

加齢によってホルモンバランスが崩れると、その関係で男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)に過剰につくられるため、血中のDHTの濃度が高まります。
DHTの濃度が高まると男性機能を司る生殖器付近の細胞分裂が促されて前立腺が大きくなり、膀胱や尿道を圧迫するようになるため、頻尿などの症状が顕著にあらわれるという説が有力です
これに対し、ノコギリヤシには体内のテストステロンをDHTに変えてしまう5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する働きがあります。
つまり、加齢によって過剰になりやすいDHTが合成されるのを抑制することで血中のDHTの濃度を下げることができるので、中高年で頻尿にお悩みの方はノコギリヤシをサプリメントで毎日摂取するのが効果的といえるわけです。

 

なお、泌尿器科を受診すれば前立腺肥大症に有効な医薬品を処方してもらうことができますが、こうした薬は男性機能の低下などの副作用が生じるリスクを覚悟で摂取する必要があります。
医薬品に比べてノコギリヤシのサプリメントは副作用のリスクも低いので軽度の頻尿対策に有効ですが、頻尿は糖尿病や腎臓病が原因のケースも多いので、サプリメントで対策をする前にまず医療機関を受診してみることをお勧めします。